近年の分類・和名の変更に関する解説記事・文献

日本産爬虫両生類の分類と和名に関する解説記事

標準和名が最近新設されたもの

ヤエヤマカジカガエル Buergeria choui Matsui et Tominaga, 2020(2020年11月8日)

分類変更に伴う和名の新設.リュウキュウカジカガエルが2種に分割された.

ヤエヤマヒメアマガエル Microhyla kuramotoi Matsui et Tominaga, 2020(2020年11月8日)

分類変更に伴う和名の新設.ヒメアマガエルが2種に分割された

アマミシリケンイモリ Cynops ensicauda ensicauda (Hallowell, 1861),オキナワシリケンイモリ Cynops ensicauda popei (Inger, 1947)(2020年11月8日)

亜種に対応する和名を決定した

ヨーロッパアマガエル属 Hyla Laurenti, 1768(2020年11月8日)

アマガエル属の分割による.アマガエル属はDryophytes Fitzinger, 1843となる

インドメクラヘビ属 Indotyphlops Hedges, Marion, Lipp, Marin et Vidal, 2014(2020年11月8日)

従来のメクラヘビ属Rhamphotyphlopsの分割に対応した和名に変更

ナミヘビ科3亜科(2020年11月8日)

その他の変更

クロウミガメ Chelonia agassizii Bocourt, 1868,セグロウミヘビ Hydrophis platurus (Linnaeus, 1766)(2021年4月22日変更)

編集が進んでいる『新日本爬虫両生類図鑑』での検討の結果,近年提案されていた分類の変更を採用.

オキナワアオガエルの分類(2020年11月8日変更)

アマミアオガエルを独立種 Zhangixalus amamiensis (Inger, 1947) とする分類を採用.

マダラヘビ属・オオカミヘビ属の分類(2020年11月8日変更)

マダラヘビ属Dinodonをオオカミヘビ属Lycodonの新参異名とする分類,サキシマバイカダを独立種とする分類を採用.

関連する分類群: アカマタ Lycodon semicarinatus (Cope, 1860); アカマダラ Lycodon rufozonatus Cantor, 1842; アカマダラ Lycodon rufozonatus rufozonatus Cantor, 1842; サキシママダラ Lycodon rufozonatus walli (Stejneger, 1907); サキシマバイカダ Lycodon multifasciatus (Maki, 1931); シロマダラ Lycodon orientalis (Hilgendorf, 1880)

アオガエル属 Zhangixalus Li, Jiang, Ren et Jiang, 2019(2020年9月7日変更)

Rhacophorus属の分割による学名の変更.日本産のアオガエル属は全てZhangixalusとなります.

含まれる分類群: オキナワアオガエル Zhangixalus viridis (Hallowell, 1861); オキナワアオガエル Zhangixalus viridis viridis (Hallowell, 1861); アマミアオガエル Zhangixalus viridis amamiensis (Inger, 1947); シュレーゲルアオガエル Zhangixalus schlegelii (Günther, 1858) ; モリアオガエル Zhangixalus arboreus (Okada et Kawano, 1924); ヤエヤマアオガエル Zhangixalus owstoni (Stejneger, 1907)

※この属の分類変更を採用した後,アマミアオガエルを独立種Zhangixalus amamiensis (Inger, 1947) とする分類も採用しました(2020年11月8日).

アマガエル属 Dryophytes Fitzinger, 1843(2020年9月7日変更)

Hyla属の分割による学名の変更.

含まれる分類群: ニホンアマガエル Dryophytes japonicus (Günther, 1859)


和名リストに戻る