近年の分類・和名の変更に関する解説記事・文献

日本産爬虫両生類の分類と和名に関する解説記事

標準和名が最近新設されたもの

コガタブチサンショウウオ種群の3種(2019年10月21日新設)

分類の変更(新種記載)のため和名を新設

マホロバサンショウウオ Hynobius guttatus Tominaga, Matsui, Tanabe et Nishikawa, 2019

学名のguttatusは小さい斑点のあるという意味で、和名の「まほろば」は主な分布域である大和地方に由来する名前である.

ツルギサンショウウオ Hynobius tsurugiensis Tominaga, Matsui, Tanabe et Nishikawa, 2019

学名,和名とも,タイプ産地である徳島県剣山に由来する

イヨシマサンショウウオ Hynobius kuishiensis Tominaga, Matsui, Tanabe et Nishikawa, 2019

学名はタイプ産地の高知県工石山.和名は四国の古名である伊予洲(伊予島)に由来する.

その他の変更

アオガエル属 Zhangixalus Jiang, Jiang, Ren, Wu et Li, 2019(2020年9月7日変更)

Rhacophorus属の分割による学名の変更.日本産のアオガエル属は全てZhangixalusとなります.

含まれる分類群: オキナワアオガエル Zhangixalus viridis (Hallowell, 1861); オキナワアオガエル Zhangixalus viridis viridis (Hallowell, 1861); アマミアオガエル Zhangixalus viridis amamiensis (Inger, 1947); シュレーゲルアオガエル Zhangixalus schlegelii (Günther, 1858) ; モリアオガエル Zhangixalus arboreus (Okada et Kawano, 1924); ヤエヤマアオガエル Zhangixalus owstoni (Stejneger, 1907)


和名リストに戻る