近年の分類・和名の変更に関する解説記事・文献

日本産爬虫両生類の分類と和名に関する解説記事

新和名についての意見募集中

ケラマトカゲモドキ(仮称) Goniurosaurus kuoiwae sengokui Honda et Ota, 2017(2017年9月2日まで意見募集)

マダラトカゲモドキ Goniurosurus kuoriwae orientalis (Maki, 1931)のタイプ産地は渡名喜島で、慶良間諸島からも知られていましたが、慶良間諸島産が新亜種として記載されました。

学名は以下の通りです。
Goniurosaurus kuoiwae sengokui Honda et Ota, 2017

標準和名委員会では、この種の標準和名について検討をおこない、以下の標準和名案に決定しました。
 ケラマトカゲモドキ

本ウェブサイトで公表後、2ヶ月の間(2017年9月2日まで)に特に異論がなければ、これを標準和名に決定します。
ご意見がありましたら、標準和名委員長 疋田まで。 メールアドレス:tom (a) zoo.zool.kyoto-u.ac.jp ※メールアドレスの "@" は " (a) " に置き換えてあります。

センカクトカゲ(仮称) Plestiodon takarai Kurita, Ota, et Hikida 2017(2017年7月4日まで意見募集)

従来アオスジトカゲ Plestiodon elegans (Boulenger, 1887) とされていた尖閣諸島のトカゲが新種として記載され、2017年4月20日にZootaxa誌に論文が掲載されました。

学名は以下の通りです。
Plestiodon takarai Kurita, Ota, et Hikida 2017

標準和名委員会では、この種の標準和名について検討をおこない、以下の標準和名案に決定しました。
 センカクトカゲ
提案された標準和名はセンカクトカゲだけで、異論はありませんでした。 なお、記載論文には標準和名委員会案に従い、EtymologyにSenkaku-Tokageと記しています。

本ウェブサイトで公表後、2ヶ月の間(2017年7月4日まで)に特に異論がなければ、これを標準和名に決定します。
ご意見がありましたら、標準和名委員長 疋田まで。
メールアドレス:tom (a) zoo.zool.kyoto-u.ac.jp
※メールアドレスの "@" は " (a) " に置き換えてあります。

尚,上記の分類変更により、アオスジトカゲ Plestiodon elegans (Bounlenger, 1887) は日本国内の分布域が無くなったため、和名リストから削除しました。

標準和名が最近新設されたもの

センカクトカゲ Plestiodon takarai Kurita, Ota, et Hikida 2017(2017年7月5日新設)

新種記載されたため和名を新設

ピパ科 Pipidae Gray, 1825(2016年11月27日新設)

ツメガエル属 Xenopus Wagler, 1827(2016年11月27日新設)

アフリカツメガエル Xenopus laevis (Daudin, 1802)(2016年11月27日新設)

外来種として国内に定着しているため和名を新設

ネバタゴガエル Rana neba Ryuzaki, Hasegawa et Kuramoto, 2014

新種記載されたため和名を新設

その他の変更

アオスジトカゲ Plestiodon elegans (Boulenger, 1887) の削除(2017年5月6日)

Kurita et al. (2017) により,従来アオスジトカゲ Plestiodon elegans (Boulenger, 1887) とされていた尖閣諸島のトカゲが新種 Plestiodon takarai Kurita, Ota, et Hikida 2017 とされ, アオスジトカゲの日本国内の分布域が無くなったため和名リストから削除

クメジマハイ Sinomicrurus japonicus takarai (Ota, Ito et Lin, 1999) の削除(2017年5月6日)

Kaito et al. (2017) によりクメジマハイがハイ Sinomicrurus japonicus boettgeri (Fritze, 1894) の同物異名とされたため削除

セダカヘビ科 Pareidae Romer, 1956 (2017年2月17日変更)

タカチホヘビ科 Xenodermidae Cope, 1900 (2017年2月17日変更)

科の学名の変更のため,学名と和名の対応を変更

含まれる分類群: セダカヘビ属 Pareas Wagler, 1830, イワサキセダカヘビ Pareas iwasakii (Maki, 1937) タカチホヘビ属 Achalinus Peters, 1869, アマミタカチホヘビ Achalinus werneri Van Denburgh, 1912, タイワンタカチホヘビ Achalinus formosanus Boulenger, 1908, ヤエヤマタカチホヘビ Achalinus formosanus chigirai Ota et Toyama, 1989, タカチホヘビ Achalinus spinalis Peters, 1869

メクラヘビ属 Indotyphlops,Hedges, Marion, Lipp, Marin et Vidal, 2014

属の分類変更のため,学名と和名の対応を変更

含まれる分類群:ブラーミニメクラヘビ Indotyphlops braminus (Daudin, 1803)

ヒバカリ属 Hebius Thompson, 1913

属の分類変更のため,学名と和名の対応を変更

含まれる分類群: ガラスヒバァ Hebius pryeri (Boulenger, 1887), ヒバカリ Hebius vibakari (Boie, 1826), ダンジョヒバカリ Hebius vibakari danjoensis (Toriba, 1986), ヒバカリ Hebius vibakari vibakari (Boie, 1826), ミヤコヒバァ Hebius concelarus (Malnate, 1963), ヤエヤマヒバァ Hebius ishigakiensis (Malnate et Munsterman, 1960)

Hebius Thompson, 1913をGuo et al. 2014は中性としていますが、これは間違いで、男性です。タイプ種はヒバカリ Hebius vibakariです。

和名リストに戻る